相撲の「呼び出し」をご存知ですか?

本場所で取り組みの力士を「に~し~、○○やま~」とか言って土俵に呼ぶ人です。

呼び出しさんも力士と同じ様に各部屋の弟子として所属してます。

私のいた佐渡ヶ嶽部屋にも「琴司」さんという人がいてよく国技館の名物の焼き鳥を

買ってきてくれるいい人です。

 

呼び出しさんの仕事は力士の呼び出しをするのはもちろんですが、それ以外に土俵作りがあります。

呼び出す仕事よりはるかに大変です。

各部屋の土俵を毎年作り直して廻り、本場所の本土俵もつくります。土俵の俵(輪になってるやつ)も

俵の中に土を入れて慣れた手つきで作っていきます。他の部屋の新入り呼び出し君は「こんな仕事が

あるなんて聞いてないよ」とぼやきながらやってます。大変な重労働で、呼び出しさんは例外なく締まった

筋肉ムキムキです。本場所ではふれ太鼓を叩いて廻り、相撲甚句を暗記して(いっぱいあります)歌い

全部屋の土俵の面倒をみて朝から晩まで働いてます。しかし相撲の世界で名前があがることは

ほとんどありません。まさに縁の下の力持ちです。一般の人はそういう事を知らないんだろうな~と

思いつつ 今でも相撲中継を見てて呼び出しさんが写ると「お疲れ様です」と思ってしまいます。