前回のブログの中で大阪場所で福岡市にしゃぶしゃぶを食べに行ったというくだりで

メールでご指摘いただきました。「大阪に福岡市なんかあるの?」おっしゃるとおり。

勘違いしてました。福岡市は九州場所ですね。ではシャブシャブ屋さんでの事を覚えてる限り書きます。

 

お店に到着すると広い座敷にテーブルが3つ。横に並べてあり すき焼き鍋が4つセット

されていて食材もいっぱいに準備できてる。

お店:「どうぞ。準備できてます。」

社長「なんだこれ。おれはしゃぶしゃぶを頼んだろう。なにやってんだ。」

お店:「いえいえ すき焼きとおっしゃってましたが・・・」

社長「なんだとー。他の店にいけばよかったなー。こんなアホな店。しゃぶしゃぶって言ったろー!」

お店:「はあ」

秘書:(小声で)「社長、電話(車載電話:当時、もうありました)ですき焼きって言ってましたよ」

社長:「え、ホント?内緒にしとけ」「ほらいいからすぐしゃぶしゃぶの準備しろ」

で始まりました。

社長さんは口が悪いけれどいやな感じがしない不思議な人でした。お店の人も怒る感じは無く

社長のわがままにつきあってます。

大皿に見るからに高級そうな肉が次から次に運ばれて兄弟子達がみるみるうちに食べていく。

ビール、ワイン、ウイスキー 最後には樽酒も登場する。大関が「廻り道」を歌う。(琴風関は

演歌「廻り道」というレコードを出してる歌手でもあります。)上手。

帰りには全員におみやげの巻き寿司を3本づつ持たせる。といった具合でした。

細かいところまではあまり覚えてませんがかなり派手な食事会でした。