この頃はブライダルシーズンでありまして ありがたい事にスパークバルーンの発注が続いています。

スパークバルーンは普通のバルーンリリースよりもインパクトがあり、毎回 空中で大きな風船が

割れる瞬間に列席のお客様から「おお~」と歓声が上がり、喜んでもらえてこちらも楽しくてやってます。しかし

派手なアトラクションであるだけに 施工はなかなか大変で 風が強いと大変です。

割る仕掛けを付けるのも大きな風船が暴れて接着剤が指につくと 指が風船にひっついたり、

本番までの風船の管理もまた大変。本番前に割れてしまうと もうどうしようもありません。でもユニコーンでは

過去12年間で相当な数のスパークバルーンをやってますが失敗はゼロ。(少し自慢)安心して注文してください。

風が全く無い無風状態で上空も無風の場合は中に入ってる風船がドーナツ状になって飛んでいきます。

過去の経験で2年に1回(100~150回に1回)くらいのレアな現象です。